ブラックボックスとSEOの実態

  • 2013/05/25(土) 17:53:04

「Googleの検索ランキングアルゴリズムは本当にブラックボックスなのか」
という記事は、
「アルゴリズムなんて言葉は忘れたほうがよい」

を指しているかもw

と勝手に思いつつ、

個人的な感想を述べてみる。


たとえば、市場評価で失敗作認定を受けつつあるWindows8。
開発時の目的、目標はiosやandroidを超え、Windows7を超えることが使命だったはずだ。
だが、マイクロソフトの思いは、市場に届かない。

グーグル(神)も優れた検索ツールの提供という思想は、いつの時期もベースにある。

しかし、


スパムSEOという設計時には想定しなかった要因が加わったことで、
優れた特許、思想も陳腐化し、一部修正を余儀なくされ、
システムが糞化(複雑化)してしまったのである。

本来、


SEOのガイドラインなんてものは不要で、無限の情報媒体から、
公平性と中立性を保ち、ユーザーの必要な情報を提供するのが、検索エンジンの使命である。

実際は、


ある程度の公平性が保たれたランキングになりつつあるが、
微妙なランキングが、今も残っている。


結論


検索エンジンの目的や思想、概要、歴史を知っても、
内部構造は完全なブラックボックス
であることに変わりはない。

それは、あらゆるソフトウエアにも言える事www
仕様とプログラムの実装内容は一致しない場合があるw
概要だけを見て判ったチャンになるのは大変危険w

だが、順位確認を行って一喜一憂するように、ブラックボックス(神)に対して
日々の試行錯誤は、誰もが行っている行為である。

そう・・・わからないブラックボックスに対して、誰もが試行錯誤を繰り返しているチャレンジャーなのである。

また、コンテンツ的に人間様評価の「いいね」と神評価の「いいね」は完全に一致しないのが実態である。

ソフトウエアは、リアルを100%シミュレーションできるハズはないんだからw

なので、断片的な結果や概論だけで、
全てを解かったと・・・言い切る的・・・断定、断言SEOが一番○ホって事である。

ディスクトップとSEO

  • 2013/05/11(土) 23:56:40

教祖様の当たり前・・・って何だろうw

教祖様がディスクトップって連発wしてるので、wikipediaで調べてみた。


>デスクトップ(英:desktop)とは机の上のこと。「ディスクトップ」(disktop)は誤り。


www

教祖様にとって「ディスクトップ」が当たり前なのだろう。

サイトの切り替え表記なら「モバイル・パソコン」と表すのが妥当かもしれんし、
「ガラケー・スマートフォン・PC」ってな表記もあるだろう。
さらに、画素数や通称モードでの表記が具体的である。

教祖様のITスキル、SEOスキルは、一般レベルに到達するどころか、
Yahoo SEO教としての「当たり前・当たり前・当たり前・体操♪」wなのだろう。




>「ペナルティだと決めつける前に考えること」


↑かなり微妙。些細な事例を引用して、全体論として語る。
これこそ「決めつけ」の典型的な例じゃねwww

それこそ「木を見て森を見ず」・・・そのものだけどw

ある意味、教祖様と共通項が多い尊い方・・・なのかもw



上記に対して、遠回しな補足・訂正の仕方が絶妙な良記事。
http://whitehatseo.jp/author-rank-and-penalty-etc/




>自分が管理するサイト同士をリンクし合ったらガイドライン違反になるのか

>片手で数えられるようなごくごく限られた数でそれぞれが密接に関係しているなら互いにリンクし合うことは完全に理にかなっている。


↑上記は、一般論的たとえ話なので、鵜呑みにすると危険かもよ。
「密接な関連性ってヤシの解釈」が、神と人間様で異なるケースがあるwので
「密接な関連性・・・無くね」って判断された場合、
「数に関係なく天罰」
が下った実験君www

つーか、昔からあるペナだけど・・・今も「関連性判定アルゴ」は微妙。

SEO判断としては、カッツ氏が言ったから全て正しいでは無いんよ。
全て疑ってかかる・・・答えが出たとしても・・・その答えは変動する・・・なんやコレww
神の天下やんw


いずれにしても、「木を見て森を見ず」なんて語りが、一番信用出来んw
ペナ判定・解除において、教祖2号様のような「偏った決め付け的思考」な
ペナ解除決め付けフローチャート人間が、迷宮入りとなる最悪な典型例そのものなんだけどww
・・・ねぇ皆さんww

SEO都市伝説を斬る

  • 2013/05/03(金) 13:44:43

>Googleが特許を取得しているからといって、その特許が今日のGoogleに実装されているとは限らない
www.sem-r.com/seo/20130502234823.html

一般企業だって、特許取得と商品反映は、全く別物でしょ。

都市伝説でも何でも無いでしょ
ww
必要に応じて特許を実用化する・・・って当たり前の話である。

ただ、今回の発言は、神が本質(特許の組込有無)を隠したいだけである。


・ビジネス的な効果が微妙なものは除外されるでしょ。
・ソフトウエア的に実装不可能なものもあるでしょ。
・結局、理想と現実の折り合いが必要ってこと。


ベースとなるページランクの特許は実装済だし、
特許未申請もあるだろうし・・・まあ当たり前だよね。




>検索エンジンはえこひいきをするか

www.nj-technology.co.jp/marketing/yahoo%e3%82%ab%e3%83%86%e3%81%ae%e4%be%a1%e5%80%a4/

そういえば、ヤフカテを効果有りとする教祖様のピンボケ発言が最近見られないのが残念w

この記事、電卓とかCPUバグの話とリンクさせてるのが、かなり微妙。

検索エンジンの結果って、多様性を持たせてるんだから、
電卓の絶対性とは、
全く噛み合わないしぃ
www


・公式とWikiが逆転してるケースがあるけどww
・ペナで公式が一位から飛んでるケースもあるけどww
・マイナーワードだと、まとめサイトが一位だったりしてw
・上位以外は、何でもありじゃねw
・某国では、検索結果に国が介入w

まあ、えこひいき・・・があるかどうか、
各国での神に対する訴訟の多さを見れば・・・。


最近、オイラが突っ込みを入れている方が語る・・・都市伝説の方が問題かもねぇw

SEO対策のコンテンツ価値

  • 2013/04/20(土) 16:05:36

http://yusabure.sem-adviser.com/article/64370749.html

実験サイトとか基本的なことの考え方が明確ですなぁ。良記事だと思います。

基本・・・これこそ検索エンジンのアルゴリズムの本質。


業者もコンサルもアフィもショップもSEOを意識する上での当然の知識。



上記の良記事とは、対極的なのが下記... (o´・ω・`)

http://minnano-seo.com/essence/post2159/

実験例も微妙wだし、過去のテクニカル系な記事の多くがかなり微妙w。

そうか・・・SEOとしてのアルゴは考えるな、わかんねwwって言ってるんだから、
過去記事のピンボケ、論点ズレまくり・・・の理由が分かった気がする。(*´▽`*)





コンテンツの価値とは


帰れま10では、出演者の好みが違うように目的は同じでも評価は異なる。
価格や口コミ、その日の気分でも評価は異なるだろう。
人間様の評価、ランキングほどいい加減なものは無い。


お店側もお客様の評価を勝ち取る為の方法論(アルゴリズム)の
解析・調査・試行錯誤・失敗を蓄積
した結果である。

それは、良い商品(コンテンツ)を一方的に作ればいい・・・なんて言う
身勝手な思い込みだけでは達成しない事は言うまでもないだろうww


さて、

コンピュータは、多面評価を取り入れており、人間様ほどファジーではない。

グーグルアルゴリズムの基礎を無視した、
コンテンツだけを重視した方法論など糞もいいとこww

≪PREV | HOME | NEXT≫