ブラックボックスとSEOの実態

  • 2013/05/25(土) 17:53:04

「Googleの検索ランキングアルゴリズムは本当にブラックボックスなのか」
という記事は、
「アルゴリズムなんて言葉は忘れたほうがよい」

を指しているかもw

と勝手に思いつつ、

個人的な感想を述べてみる。


たとえば、市場評価で失敗作認定を受けつつあるWindows8。
開発時の目的、目標はiosやandroidを超え、Windows7を超えることが使命だったはずだ。
だが、マイクロソフトの思いは、市場に届かない。

グーグル(神)も優れた検索ツールの提供という思想は、いつの時期もベースにある。

しかし、


スパムSEOという設計時には想定しなかった要因が加わったことで、
優れた特許、思想も陳腐化し、一部修正を余儀なくされ、
システムが糞化(複雑化)してしまったのである。

本来、


SEOのガイドラインなんてものは不要で、無限の情報媒体から、
公平性と中立性を保ち、ユーザーの必要な情報を提供するのが、検索エンジンの使命である。

実際は、


ある程度の公平性が保たれたランキングになりつつあるが、
微妙なランキングが、今も残っている。


結論


検索エンジンの目的や思想、概要、歴史を知っても、
内部構造は完全なブラックボックス
であることに変わりはない。

それは、あらゆるソフトウエアにも言える事www
仕様とプログラムの実装内容は一致しない場合があるw
概要だけを見て判ったチャンになるのは大変危険w

だが、順位確認を行って一喜一憂するように、ブラックボックス(神)に対して
日々の試行錯誤は、誰もが行っている行為である。

そう・・・わからないブラックボックスに対して、誰もが試行錯誤を繰り返しているチャレンジャーなのである。

また、コンテンツ的に人間様評価の「いいね」と神評価の「いいね」は完全に一致しないのが実態である。

ソフトウエアは、リアルを100%シミュレーションできるハズはないんだからw

なので、断片的な結果や概論だけで、
全てを解かったと・・・言い切る的・・・断定、断言SEOが一番○ホって事である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/09/23(月) 10:10:18

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/10/19(土) 03:48:53

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/19(木) 07:58:29

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |